スポンサードリンク

2016年02月20日

確定申告 案内 平成

青色申告のメリットは色々とありますが、一番インパクトが大きいのが青色申告特別控除です。青色申告特別控除を受けるには確定申告の際に、複式簿記形式で帳簿を作成し、申告書類の貸借対照表も完成させておく必要があります。しかしそれだけ用意すれば65万円も控除が受けられます。パソコンの青色申告ソフトを使うのもいいですし、税理士の力を借りるのもよいですので、チャレンジするのがよいかと思います。白色申告はとても簡単な手続きで申告することが可能です。基本的には金銭の出入りがわかる程度の出納事務ができていれば申告できます。

簡単な手続きで済むのですが、赤字を翌年に繰り越せない、家族に支払う給与を経費にできない、65万円の控除を受けられないなどのデメリットがあります。私の個人的な見解ですが、個人事業主を始めるにあたっては税務署へ青色申告証人申請書を提出して青色申告をすることをオススメします。必要に応じて第三表から第五表までも記入して提出しましょう。それぞれの用途は以下の通りです。第三表は株主の売買益についての分離課税される所得がある場合に使います。第四表は青色申告者で事業が赤字の場合に翌年以降に繰り越すために使います。

ここでいう赤字というのは以下のいずれかのケースです。単純に所得金額が赤字になっている。災害や盗難によって資産に損害を被り、雑損控除として所得金額から差し引くと赤字になっている。前年からの繰越損失額を控除すると赤字になっている。


posted by 確定申告 用紙 ダウンロード at 10:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 確定申告 案内 平成 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月06日

確定申告 申告書

第五表は、確定申告を提出後に申告内容の間違いがある場合や所得税の額が増えるときに使います。修正申告と呼ばれる手続きになります。個人事業主が申告書B以外に提出しなければいけないものがあります。個人事業主は青色申告者であれば、青色申告決算書を提出する必要があります。また白色申告者であれば、収支内訳書の提出が必要です。これらの書類は売上・経費・所得などをまとめた内容になり申告書Bの根拠資料にもなります。

しっかりと作成しておきましょう。青色申告のメリットは色々とありますが、一番インパクトが大きいのが青色申告特別控除です。青色申告特別控除を受けるには確定申告の際に、複式簿記形式で帳簿を作成し、申告書類の貸借対照表も完成させておく必要があります。しかしそれだけ用意すれば65万円も控除が受けられます。パソコンの青色申告ソフトを使うのもいいですし、税理士の力を借りるのもよいですので、チャレンジするのがよいかと思います。確定申告の申告書Bは第一表と第二表と添付書類台紙がセットになっています。

複写式の二枚組になっている第一表と第二表は全ての人が提出するものになります。複写の1枚めが税務署提出用、2枚目は自分の控えになります。2枚目の自分の控えには税務署提出時に受け取り確認印を押してもらいましょう。郵送で確定申告をする場合も、必要な切手を貼った返信用封筒と一緒に控えの申告書Bも同封しておくと、受付印を押して返送してくれます。
ラベル:確定申告 申告書
posted by 確定申告 用紙 ダウンロード at 10:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 確定申告 申告書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。